ESCRIT

ESCRIT

Professional Team

~100万通りの結婚式の叶える~

ボタン01

結婚式はおふたりから大切な方々へ、たくさんの「ありがとう」を伝える場。
私たちはおふたりの「ありがとう」の想いを受け、
プランナー、シェフ、サービス、スタイリスト、フローリストなどすべてのスタッフがチームとなり
おふたりとご一緒に最高の「ありがとう」を贈ります。

sweetest wedding

"いい結婚式"のプランニングコンテスト

GOOD WEDDING AWARD

にて弊社プランナーが
2年連続受賞しました!

GOOD WEDDING AWARD(GWA)とは

GWAとは、ウエディングプランナーを対象とした「いい結婚式」のプランニングコンテスト。
その中でも担当プランナーやスタッフの想いなど、
「人の想い」に対して表彰されるソウル賞でエスクリスタッフが高評価を得ています。

だからこそ
エスクリではおふたりが願う結婚式のカタチが現実になります
エスクリではおふたりが願う結婚式のカタチが現実になります
エピソード01

担当プランナー:髙浦明日美
GOODWEDDINGAWARD2016ソウル賞

エピソード01_01

過去から未来へ繋ぐ

〜14年前の1本のネクタイが繋いだ家族の物語〜

幼い頃にお母様と離別されたご新郎様。伯母様が母親代わりとなって我が子同然で育ててくださったそう。20歳を過ぎてからお父様が再婚。お義母様とは、照れもあり上手にコミュニケーションが取れないまま微妙な距離を感じていらっしゃいました。「結婚式は家族に焦点があたるから、義母が気にするのでは」と心配されるご新郎様。お義母様を家族の一員として大切に思っているけれど、今更伝えられないという複雑な想いを感じました。

エピソード01_02

14年前のネクタイを結婚式のキーアイテムに

ご新郎様は14年前、就職祝いとしてお義母様から頂いたネクタイを今でも大切にお持ちとのこと。「結婚式の再入場でそのネクタイを着用し、お義母様に見てもらいましょう!」と提案しました。ご新郎様は「もう、随分前のことだし、気づかれないのでは」と不安気でしたが、「お義母様が、ご新郎様を思って選ばれたネクタイです、忘れることはありません!絶対に喜ばれます!」と説得しました。

エピソード01_03

新郎の想いをスタッフ皆でエスコート

結婚式当日、再入場のシーン。不安そうなご新郎様に美容スタッフは、「ネクタイが見えるようジャケットのボタンを開けましょう」とアドバイス。キャプテンはご新郎様をそっとお義母様近くに自然に誘導します。お義母様は一瞬驚かれ、嬉しそうにお父様と言葉を交わされていました。ご新郎様は少し照れた少年の様な笑顔。隣にいらっしゃったご新婦様も安堵の喜びの表情です。

エピソード01_05

スタッフへのラブレターを元に最高のチームで作る結婚式

準備期間中、プライベートに踏み込み過ぎているのではと悩んだこともありました。でも踏み込んだからこそ、想像を超えた感動を得ることができたのです。私はいつも事前の打合せで、スタッフに対して、新郎新婦様、私の結婚式への想いが詰まったラブレターを用意します。スタッフは内容を理解し、結婚式のテーマを確実に反映してくれます。いい結婚式を成功させるために、スタッフとの信頼関係は欠かせません。

エピソード02

担当プランナー:籔田宏美
GOODWEDDINGAWARD2017ソウル賞

エピソード02_01

全員が楽しめる結婚式

~目が見えるひとも目が見えないひとも同じ空間で~

新郎の手元には白い杖、新婦の足元には盲導犬のニキータ。全盲の二人の希望は「全員が楽しめる結婚式にしたい」。 しかし、これまで列席した結婚式で感じた疎外感から、自分達が望む結婚式はできないと諦めていました。 そんなお二人の言葉に悔しさを覚えた私は、二人と同じ立場に立って、全員が楽しめる結婚式を創ることを約束しました。

エピソード02_02

ゲストとハイタッチしながらまっすぐ歩くバージンロード

一つ目のポイントは挙式の退場。杖を使わずニキータと共に歩きたい。しかし、点字ブロックのないバージンロードでは、どうやっても左に曲がってしまう…。試行錯誤の中ハイタッチしながら退場してみたところ、大成功!結婚式当日、ハイタッチでの温かいお声掛けとゲストからのぬくもりが二人に伝わり、笑顔溢れる挙式となりました。

エピソード02_04

新郎新婦との信頼関係があって実現したサプライズ演出

二つ目のポイントはお色直しの入場。「プロフィール映像は中座中ではなく、二人がいるお色直し後がいいのでは?」結婚式前日そう提案してくれた会場スタッフ。通常、プランナーが独断で進行を変えるなど有り得ませんが「全員で楽しむ」を優先し、二人に内緒で変更することに。 映像上映の瞬間…「二人にもご覧頂きましょう」という司会の言葉に、既に上映したと思っていた二人はビックリ!ゲストの笑い声と拍手の“音”を感じながら、二人もゲストと一緒に映像上映を楽しんで下さっていました。

エピソード02_06

二人の想いを素晴らしいドラマに変える結婚式

結婚式には、数多くのスタッフの協力が必要です。ただ、どんなに優秀なスタッフのサポートがあっても、新郎新婦さまとスタッフを繋ぐプランナーが「新郎新婦の想いを何倍にもする」という強く想わなければ、素敵な結婚式は叶いません。 逆に、プランナーの想いがスタッフ全員に届けられれば、予想よりも何十倍、何百倍も素敵な結婚式を創ることもできます!二人にとって、ワクワク、ドキドキするような“魔法”を未来の新郎新婦様にも届けていきます!

結婚式に慣れている新郎新婦様はいません。
だからこそ、専門のプロフェッショナルたちがチームとなり、
おふたりの憧れの結婚式を創りあげていきます。

私たちは100万組の新郎新婦様に対し、100万通りの結婚式を叶えます。
まずはぜひ一度ブライダルフェアにお越しください!

私たちは100万組の新郎新婦様に対し、
100万通りの結婚式を叶えます。
まずはぜひ一度ブライダルフェアに
お越しください.